気づけばずっとほったらかしになっていた『CLASS』のページを新しくしました。

呼吸のクラスの概要やご参加の種類、持ち物などの詳細をまとめました。

また呼吸のクラスに関するQ&Aも改定しましたので、ご参加の際は、両方ともご一読くださいませ!


今月のクラスは平日があさって5/10からはじまります。

詳細を書かないとイメージしづらいかなと思いつつ、書くとなんとなく先入観が入ってしまうかな、とも思い、とりあえず今月は月テーマのみお知らせしていますが(直前じゃないと決まらないということもありますが笑)、

とりあえず、平日、土曜日ともに


1週目は「空間にくつろぐ、重さを手放す」

2週目は「時空間としての自分、空間を満たす」

みたいな感じでいってみようと思います。

平日クラスの3週目は未定ですが、日常に活かせる感じでできればと考えています。


今月はからだの感覚と時空間、体感の不思議さと思考のバランスについての気づきがいろいろあるといいなと思っています。



そして先月のクラスを終えてのご感想をいただきましたので、抜粋してご紹介します。

Uさんのご感想です。



***


4月も呼吸のクラス、ありがとうございました。

今月は自分に対する「発見」があって驚きの連続でした。

いつもは歩かない路地を進んで行ってみたら原っぱをみつけた!みたいな感じでした。


昨日のクラスで「!」と思ったことがありました。


それだけの経験をしてきた自分に思いやりをもつ、ねぎらう。


「世の中にはもっと辛い体験をした人、悲しい思いをしている人がいるんだから、私の思いなんて大したことないんだから忘れなさい」と思っていました。

でもそろそろ「私の悲しみ」「私の苦しみ」をちゃんと感じてあげたらいいんじゃないかって思いました。

クラスでときどき「人と比べてしまう」という話が出ますけど、「私のことじゃない」ってそのたびに思ってました。


意味がわからない

私のことじゃない


と思ったら、「今がチャンス!」と思うようにしようって思います。



******



ほんとにひととくらべてしまいますよね、わたしたちは、そうやって自分を確認している。というか、くらべることでしかわからないんですね、そんなこと全然ないのに。

そして、その意識、自覚さえない。


Uさんはクラスのシェアリングのときにも、とても大きな気づきについて話してくださいましたが、自分で気づきたくないこと、理解したくない話を聞いたとき、さーっとカーテンに覆い隠されるようにして自分が閉ざされていくということ。


これは防衛機能による自動反応ですよね、大きすぎる抵抗というか、そこに気づいてしまったらいままでの自分を変えなくてはならないと潜在的にわかっていて、

本当は変えたい、変わりたいけれどもしそうなってしまったとき、自分はどうなってしまうのか。


そこにはおそれもあれば、もし手放して変わってしまった場合、それまでの自分の苦しみはどこへいくのか等の怒り、またなるべく低燃費で動きたいという(笑)、脳の性質など理由はさまざまです。これも、必ずこうであるとはいえません。


呼吸を通したワークをしていると、自ら自分の何かを探し出さなくても、

手放される必要のあるもの、その準備がすでにできているものは勝手に浮かび上がってきます。

まるで鍋底にこびりついた長年の油汚れが重曹とかによってゆっくり、自然に浮き上がってくるような感じ。

ときに、それを見ないふりをしようとする自分がいるんですねえ。

まずは、そこに気づいていくこと。そこからはじまるし、その時点で終わってもいい。



Uさん、ありがとうございました。

今月も、また気づかなかった “いままでの” 自分の仕組みを発見してくださいませ!



それでは、また!



***呼吸のクラス5月のスケジュールです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/17389718?categoryIds=2035848










「呼吸のクラス」について、新しいQ&Aをまとめました。

ご参加の参考にされてください。



【クラスの内容についてのご質問】

Q1: 「呼吸法ははじめてですが、ついていけますか?」

A:「はい、だいじょうぶだと思います」


呼吸にはプロもアマチュアもなく、自分の呼吸がいちばんすごい! みたいに競うものではないので、ご自身のここちよさを見つけてください。

最初は慣れないかもしれませんが、自転車に乗る練習とまったく同じです。

からだの使い方や頭の中の様子、思考のパターンなど、普段の自分がどんなふうに日々を過ごしているかに気づく練習です。



ーーーーー

Q2: 「長時間立っていられないのですが、参加できますか」

A: 「はい、だいじょうぶです」


基本的に、椅子にすわったまま、もしくはあぐら、テーマによって寝ながらの姿勢で行います。

ときどき、からだを緩めるための動きなどもするので、立ったりもしますが、

ケガをされている方、立ったままでいることが困難な方はすわったままで問題ないです。

できない動きなどありましたら、無理せず遠慮なくお伝えくださいませ。



ーーーーー

Q3:「眼圧の問題があるのですが、参加できますか」

A: 「はい、だいじょうぶですが、一度ご相談ください」


いままでも眼圧についての不安があるとのことで、何名かの方からご相談いただきましたが、アイマスクをつかっていただいたり、状態によって呼吸の仕方をアドバイスさせていただいています。


ほかにもからだのこと、こころのこと、特にパニック症状などある方(わたしも以前あり、呼吸法で克服しました)等々、遠慮なくご相談くださいませ。





【参加の方法についてのご質問】

Q1: 「全回通しでの参加の場合、土曜日クラスで出られない日があるのだけど、平日に振り替えできますか」

A: 「はい、出られない日の振り替えは可能です」


たとえば、

・土曜クラスを申し込みたいけど1週目が出られない場合、平日クラスの1週目に振り替え→OK

・平日クラスを申し込みたいけど、2週目が出られない場合、土曜クラス2週目に振り替え→OK

です。



ーーーーー

Q2:「参加できない場合、あとで録画を見ることはできますか」

A:「はい、クラス終了後に期間限定(翌月のクラスがはじまるまで)で見ることができますが、ドロップインの場合はリアルタイムでのご参加とさせていただきます」


 ☆全回通しでのご参加=録画参加OK(最低1回はリアルタイム参加)

 ☆ドロップイン(単発)でのご参加=リアルタイム参加のみ(後日録画をご覧になれます)

  ※全回通しの場合でも、最低1回はリアルタイムでのご参加をお願いしています。



ーーーーー

Q3:「zoomで顔を出さずに参加OKですか」

A:「できれば、お顔を出してのご参加をお願いしています。どうしても難しい場合は、出さなくてもOKです」


まず、呼吸の姿勢や状態を拝見させていただきたいというのがいちばん大きな理由です。

特に目を閉じての瞑想中、からだがだんだん傾いてきたり、首が下がってきたりなど、途中でアドバイスさせていただくことがあります。


それから、ワークはときにとても深い部分にはたらきかけることがあります。感情が溢れてきたり、思いがけずご自身の問題などを話したくなったり、とても繊細な内容をシェアしたりということが起こります。


そんなとき、ほかのみんなが見守ってくれていること、またお顔を拝見することで、オープンで安心した空間がつくられると考えます。


みんなで呼吸や瞑想を行うときの共鳴、共振、そのパワーはとても素晴らしいものです。

本当はオンラインではなく同じ場で行いたいのですが、このご時世ということもありこうしたかたちをとっていますが、それでも伝わるものは大きいです。

そして、できるだけ、開かれた場にしたいと思っています。


ただ、どうしても顔を出したくないという場合、無理強いはいたしませんので、

ご自身がリラックスできるかたちで参加していただければと思います。




【その他のご質問】

Q1: 「寝て行うプログラムのとき、PCやスマートフォンはどこに置いたらいいですか」

A: 「寝て行う場合は、こちらの動きが見えて、声が聞こえる位置にPCやスマートフォンを置いてください。ご自身が映っていなくてもだいじょうぶです。」


テーマによって、寝て行うワークをすることがあります。

ヨガマット、お布団、ベッド、床にタオルや毛布などを敷いたりなど、リラックスできて、からだが痛くならない状態であれば問題ありません。

ストレッチなどをする場合があるので、あまりやわらか過ぎないほうがやりやすいと思います。

画面の位置はこちらの動きが見えて、声が聞こえる状態に置いてください。ご自身の姿はこちらに見えていなくてもだいじょうぶです。




今のところ、以上です。

ほかにご質問がありましたら、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします!







***呼吸のクラス5月のスケジュール出ています!



連日の強風がようやくおさまったので、ベランダにテーブルを出して夜を楽しんでいます。

GWのせいか静かだし最高。



ただ、周囲のマンションの通路の灯りが結構多くてちょっと残念。

もっと都心を離れないとだめですかね、でもなんだかんだ言って東京、好きです。



きのう、雨が上がった隙に植物の苗を買いにホームセンターへ行ったのですが、到着直前でまた豪雨、慌てて走って園芸コーナーのテントに滑り込むと、10人くらいのひとたちが雨宿りをしていました。


その間、みんな植木鉢や種を見たりして、小降りになった途端、一斉にお目当ての植物コーナーへと散っていって(自分もですが)、みんな植物好きなんだなあ最高だなあ、まだ雨止んでないのにやっぱり早く見たいよねわかるーと、

同志感を勝手に感じてうれしくなったり。


そして帰り道、手に入れた植物をどの鉢に入れようかしらと考えながら歩いていると、向こうからとてもきれいで可愛らしい女子が歩いてきて、デートかな、それとも友だちと待ち合わせかなとか想像しながらすれ違った瞬間、

自分が感じているのはその女子の外見の美しさではなく、彼女の中に灯る光なのだ、と思うのと同時によろこびのようなものがじわじわと湧き起こり、

自分の中にもたしかにあるそれと、彼女の光とが、共鳴した気がしたのでした。




同じくきのう、出会ったあるひとが、おそらく遠い過去での自分も出会っていたひとだなとわかって、たくさん話したわけでもないのに理解できる感覚があって、

なんというか、いつかの自分の思いをこうして回収しているんだなあと思いました。


「いま」にいると、普段あたりまえのように “体験している” と思っている時間というものはないと気づき、この肉体の自分の過去も、別の肉体で生きた過去もすべてストーリーに過ぎないとわかっていても、

こうしてはっきりとした像を結ばないまでも記憶の感触をたしかに感じられるひとに会うと、

そのストーリー自体がとても愛しいものだと感じるんだなあ、と思いました。



と、夜のせいか、ちょっと感傷入りつつ、つらつら書いてみました。

これからお風呂にゆったり浸かりながら、記憶をたどりひたろうと思います^^



それでは、おやすみなさい。

素敵な夢を☆



*****

呼吸のクラス5月のスケジュールはこちらです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/17389718?categoryIds=2035848





















GW、楽しみにしていたイベントがなくなってがっかりですが、毎日部屋づくり&植物のこと&近所探索、友だちとおしゃべりなどで、いつもとあまり変わらず過ごしています。

でも気分はのんびりですね、街の空気感に完全に同調^^

ワークショップ的なことをやろうかなと思いつつ、部屋のことなどが気になって、やっぱり環境整えないとだめですね、諸々あせらずいこうと思います。


というか、むかしから先の予定を組むのが苦手で、海外に行くのも3日前にチケット取ったりします。

そういえば、生まれてはじめての海外旅行も、いままでほとんど話したことのない男の子(恋愛感情なし)と、じゃあ来週行こうよ! とか言って、結局パスポートをとるのに1週間かかったので来週とはいきませんでしたが、その翌週には飛び立っていました。


こどものころ、母親からあなたは計画性がない、と言われ続けていたのがより強固になったんだろうなと思います。

そんなに言うなら立て方教えてよ! と思ったけど特に指南もなく、あまり言われすぎるので計画なんか立てなくても生きられるから計画性なくていい! と無意識に決めたんでしょうね、きっと。



そんなわけで、 

遅くなりましたが、5月のスケジュールです。



◆呼吸のクラス5月:テーマ『自分と時空間』

今月はひさしぶりにからだと頭にフォーカスして、自分というもの、そして時空間としての自分、「ただ存在すること」を、体感覚を通して経験するような内容で行ってみようと思います。


日程:

◯平日クラス(10:30〜2時間弱):5月10日(月)、17日(月)、24日(月)

◯土曜日クラス(15:00〜2時間弱):5月15日(土)、22日(土)


平日クラス3回通し、土曜日クラス2回通し、組み合わせ自由、ドロップインなどお申し込み各種あります。

クラスについての諸々は、こちらをお読みください。


お申し込みはこちらから


どうぞ、よろしくお願いいたします!











明日で今月の呼吸のクラスも最終日。

早いなーと思いつつ、先日ちょっと書いた、面白かったことをシェアさせていただきます。



今月は毎回アートセラピーの手法と呼吸をつかったあれこれをやっているのですが、先週の平日クラスでのこと。

「よろこび」という感情のいろいろについてフォーカスし、シンプルな曼陀羅をつくるというワークをして、参加者のある方が、虹のイメージが出てきたことをシェアしてくださいました。

そして後日、また別の方が、そのときに描いた絵の画像を送ってくださったのですが、その中に虹を彷彿する絵が描かれていたんですね。


このワークは色と点、線、面をつかってイメージを描くというやり方で、いわゆる絵を描くわけではないんです。ご自身の感じたこと、思い出したことをそのまま描く、紙の上に出してみる、みたいな感覚。


さらに、その方のほかの感情のイメージとして、心臓を彷彿する絵が描かれていました。

その日のクラスでは、最後に絵のエネルギーを呼吸していくということをしたのですが、実は呼吸をリードしていると、途中でわたしの中に心臓のイメージが起こってきたんです。

で、そのイメージの通りに、ハートや心臓にフォーカスしていただくよう誘導したのでした。



このクラスでは、よくこうしたシンクロが起こるんですけれども、やはりそれぞれのイメージの共通性、共時性がたしかにあるのだなあと、

それも今回はある特定の感情というものについてのフォーカスだったので、

やっぱり面白いなと思いました。


シェアリングをしていなければこのことを知ることはできなかったし、ほかの方とのつながりや、また別の見方、捉え方、感じ方、つまり、こうあらねばならいといった決まりなどないこと、こんな風にやってもいいんだな等々、

シェアすることで、新しい視点を知ることができるんですよね。



また各地で緊急事態宣言も出たりして、限られたひと以外とのコミュニケーションがしづらい状況が続いていますが、

こうした共感と同時に自分の個性というもの、それぞれ別であってひとつ、ひとつだけどそれぞれ、といった感覚を感じる機会、大切だなと感じます。



そんなわけで、また。

マインドフルネスの講座、内容のまとめ方に悩み中で(お伝えしたいこと多々あり、、)結局今月開催難しく、来月以降になりますが(GW中に何かやれたらやります!)、

呼吸のクラス含め、決まり次第またお知らせいたしますので、

どうぞよろしくお願いいたします!












先日、こちらのポストでちょっと書いたテーブルの塗装、ちょうど2週間くらい前に、なんとか終わりました。

ざっくり経過の画像です。



最初はこんな感じの白。上にあるのはホームセンターでレンタルしたサンダー。

これで塗装をはがしていきました。小さいわりに、もの凄い機械音。




4時間近くかかってようやく天板部分が終了。

ほんとはもっと早くできるはずなんですが、ホームセンターにあったやすりが80番と120番だけだったのと、最初の塗装がペンキではなかったのでかなり手こずり、

音と粉塵の凄さに負けて、全部やらずに天板だけにすることに。




そしてワックスで塗装。

こちらは二度塗りしましたが、最初に乾かす時間を抜いたら1時間程度ですかね。

友人に見せたら「焼いたの? 本格的だね」と驚かれるほどの自分でもびっくりの仕上がり。

ワックス、はじめてつかいましたが、面白いですね。ペンキやニスと全然ちがう!






そして、先ほど注文していた琉球畳のゴザが届いたので設置、いま、このテーブルで書いています。


いやーしかし部屋づくり、面白いけどたいへん!

今回、いままでつかっていた大型のメタルラックとはたちくらいのときに買ったアンティークの本棚を処分&ベッドから布団にしたため収納や配置をまだ考え中だし、

引っ越していままでの部屋とはかなり雰囲気を変えているので家具の塗り直しなどもまだあるし、

リビングでつかいたいテーブルと寝室に台を1個、自分でつくる予定なので、まだまだ時間がかかりそうです(苦笑)。


でも、時間がかかっているいちばんの理由は、適当にものを選ぶことを極力やめているからだと思います。


別に、適当に選んだって構わないんです、基準、プライオリティはひとそれぞれ、いいも悪いもない。

ただ、これはわたしの実験みたいなもの。生活そのものがワークですね^^




さて、今回のブログは、このテーブル塗装のお披露目が目的ではなくて、先日のポストについてのことがメイン。

それは何かといえば、先日のこの塗装のことについてのテキスト。



そう、またものをつくっていこう、というのも決めたことの中にあって、前の家でつかっていたダイニングテーブルの塗装のし直しを自分でやることにしました。

塗装剥がしをする途中できっと、ああやらなければよかった…でももう引き返せない…とか言い出すんじゃないかといまから若干震えていますが、

むかしはのこぎり金づち普通につかって棚とか自分でつくったりしてたんですよね、

そういったDIY精神をずいぶん忘れていたので、泣きごとを言いながらもやり遂げるつもりです。



特になんということもない内容だと思いますが、「呼吸のクラス風」に解説してみたいと思います。

まず、


>塗装剥がしをする途中できっと、ああやらなければよかった…でももう引き返せない…とか言い出すんじゃないかといまから若干震えていますが、



というくだり。特に、


<ああやらなければよかった…でももう引き返せない…とか言い出すんじゃないか>


という部分、これはあくまでも “予測” であって、未来の話ですよね。

なのに、<いまから若干震えて>いるんです。

まだ起こっていないのに、そのときどう感じるかなんてわからないのに!


そして、


<泣きごとを言いながらもやり遂げるつもりです。>


同じく、まだやってもいないのに、


<泣きごとを言いながら><やり遂げる>


と、まるでいまのことのように、もっといえば「泣きごとを言いながらやります」と、

宣言してしまっているようにみえます。



で、実際はどうだったかといえば、


「思いのほか大きな機械音にビビって、隣に迷惑にならないだろうかとどきどきしながらも、意外に力がいらなかったことや、自分にもできるのだなあという驚きと塗装が剥がれていくうれしさ、

しかし40番か60番のやすりだったらもっと早くできたのにという悔しさ、粉塵やばい思いのほかやばい掃除めんどくさ! 等々の思考や感情が浮かびつつも、

からだは黙々と作業をし、その動きに気づいて思考を止め努めて淡々と行った」


という感じでした。

つまり、やらなければよかったという後悔も、泣きごとも出なかったんです。


でもこれは、最初に「こうなるんじゃないか」という予測があったから、ともいえます。

覚悟につながったんですね、「きっとやらなければよかった、と泣きごとをいうくらいたいへんな作業となるだろう、でもやるんだ!」 という覚悟、そして受容。



ほんとは先日書きながら、すでに「これは予測(ひとつの思考)、まだ起こっていない未来のこと」という自覚があったのですが、「このほうが面白いかな」という思考にしたがってそのままポストすることにしたのでした(ほんとに!)。


でも、やはりクラスで思考を眺めること、いまに在ることをお伝えしているわけで、ちゃんと気づいているよ! というアピールと(笑)、

せっかくなので思考と過去・いま・未来について解説してみました。


ほんとに些細なこと。

でも、この何気なく自覚なく日々自動的にしている“反応” が無駄な不安や不要なおそれを呼び、意図していた未来とは全然別の風景、世界としてあらわれてくるんですよね。



ちょうど先ほど、先日のクラスでの、何にフォーカスするか、どの周波数と引き合うのかで感情や体験が変わることについてのご感想メールをいただいたところなんですけれども、

ほんとにそうですよね、世界をつくってるのは自分、何を選ぶか、どう在りたいかで全然ちがう時空間が発生する。移動する、と言ってもいい。


最初は小さな点みたいなもの。

それがどこへ自分を運んでいくのか。



というわけで、また。

先日の平日クラスでの内容、ちょっと面白いことがありましたので、

今週の土曜日クラスが終わったあとにシェアさせていただこうと思います!


最高にいい感じの季節、毎日を味わいつつ。

























☆☆☆呼吸のクラス4月、受け付けはじまっています。詳細はこちらから



先週、友人に誘われてはじめて洗足池に行ったのですが、すごくよかった。




ちょうど花まつりの日で、どっかにお寺ないかなーと思っていたら、まんまと発見、無事

ブッダに甘茶をかけることができました。





コロナの影響なのか、ここはやらないのかわかりませんが、振る舞いはなくてちょっと残念。毎年できる限り甘茶かけにどこかのお寺に行くようにしています。

去年は骨折で動けず、タクシーで行こうかなと思ったくらいこの行事が大好きなのです何故か。





この台や飾りがまたいいんですよね、お寺ごとに装飾がちがって、お寺の方がそれぞれやるわけじゃないですか、ここにこう飾ろうとか考えるのかなと想像するともうグッときます☆

いつか梯子したいですね、花まつり梯子。


そして土の上をのんびりゆっくり歩くこと、目的もなく街をぶらぶらすること、何を話したのかまったく覚えていない、他愛のないおしゃべりなどなど、

何か目指すこともしない、ただそこを通り抜けてゆく風のように過ごすことが、自分にとってすごく大事なのだなあと感じた1日でした。



さて、また少し先月の振り返りを。

インナーチャイルドの回を終えてのYさんからのご感想をご紹介します。



******


父の入院で電話が鳴る度ドキッとする毎日を送っているので💦 今日、地球と繋がる呼吸をしたとき(丹田呼吸)自分に戻ったようでほっとしました。ずっと世界から切り離されたような感覚でしたので。


これまで私のインナーチャイルドは無口だなと思っていたのですが、緊張して人前で話ができないことと関わりのあるインナーチャイルドが初めて出てきました。

黙って宝物(大好きだった木と空想のペット)を見せてくれて、一緒に描いたりしたのをシェアをしようとしたのですが、頑なに拒否されました💦

元々私は煩いくらいのおしゃべりだったはず。と掘ってみると出てきました。

この子としばらく向き合おうと思います。


呼吸って不思議ですね。

息をするだけで体とも地球ともインナーチャイルドとも前世とも繋がれる。

丹田呼吸で地球と繋がった時の大きなあたたかいエネルギー、インナーチャイルドの宝物の木の中にも流れていて嬉しかったです。


Kさんが仰るように私もえずみんさんの誘導がよかったと思いました。えずみんさんの声が好きなのだと思います。あたたかい、安心できるような、荷物をおろせるような。


あ、もうひとつ。

実は数日前、地に落ちた自己価値にデッドエンドにきたような思いでいた私でしたが、録画を見て号泣💦 目から鱗どころか脱皮したような気持ちでいます。

自分が抱いている無価値感を絶望的な思いで見ているだけで、それは自分ではないのだと。


次回も自分のペースで進みたいと思います。

ありがとうございました。


******



3月はアートセラピーの手法をつかったワークをとり入れてみたのですが、言葉をつかわずに表現するほうが得意な方、あるいは言葉のほうが出てくる方、ケースによってちがったりなどいろいろでした。

また、絵を描くのが苦手、という方も何人かいらっしゃいました。


同時に、感情や感覚を感じること、つまり自分が何を感じているのかに気づくことを難しく捉えている方が多いなという印象です。

感じるのではなく、“頭で判断” してしまうんですね。

そのことに、なかなか気づけない。



たとえば、いまの感覚、感情を描いてください、と言っても絵を描く、つまり作品や目的をもった何かの形に仕上げようとする、すると自分は絵を描くのが苦手、嫌い、などの思いが出てくる。


出てくるのは出てくるものなのでいいんです。

でも描くのは絵ではなく、“感情”や“感覚”、それは上手下手のない世界、うまくできたとかできない、という判断とは関係がないんですね。


いまの気分は何色だろう? と考えてピンクを選んでも茶色を選んでも黄色でも青でも黒でも、どれがいいも悪いもない、優れているわけでも劣っているわけでもない。

けれど、どう描いたらいいんだろう? と考えてしまったりする。


そこにはやはり、比較、評価というものがもう前提になっているんですよね、無意識に。

そのことに慣れてしまっている、というか自覚なく反応してしまう。

そもそも学校教育がまさにそうだし、家の中でもそうだしあらゆる関係性がそう、

自分が自分のまま、そのままにいることが許されない環境にあることを、あらためて感じます。



よく自分らしく、と言いますが、そもそも何が自分なんだと。

これだけ評価され、認められなければ、誰かに勝とう勝たなければという意味のない、むしろ分離感だけがつのるがんばりや競争意識が勝手に育まれていくような環境で、どうやって自分を知るというのか。。

その難しさを、呼吸のクラスをはじめてからますます痛感します。



自分が(誰かより)すごいと感じなければ、自分に価値を見出せない “世界観”。

自分のやりたいことをやって生きる、これさえも枷になってしまう。

やりたいことを見つけなければならない、という枷。

やりたいことで生きていかなければならない、という枷。



Yさんは、人前で話すことが苦手ということですが、シェアリングなども、呼吸のクラスにご参加の方だけでなく苦手な方がたくさんいらっしゃると思います。

こう見えて、わたしもどちらかといえば苦手なほうです。いろんな話をしたい、という思いがありつつ、場所によってはなんにも話さずじっと黙っていることもあります。


そしてご感想の中で誉めていただきましたが瞑想の誘導。

平日クラスのシェアリングでおっしゃってくださった方がいらしたのでお話ししたんですけど、わたしはほんとに誘導がものすごく苦手でした。

それで諦めたこともいくつかあるし、去年、呼吸のクラスをはじめたばかりのときもまだ苦手で、なんというか自分を責める声がすごかったです。


たとえば、

お前に誘導なんかできるのかよ? とか、ひとを誘導するなんて何様だよ? とか、お前は誰かを誘導できるような人間なのかよ? とか。


こうして書いてみると、なんともすごいなあと思うし、そもそもこれを言っているのは “誰” なんだと。


いまは瞑想などをリードすることに対して、苦手意識というより、参加者のみなさんにこのここちよさ、静けさを味わってほしいという気持ちや、そのためにもいかに純粋意識に入れるか、という風に意識が変わりました。

というか、視点を変えたんですね。


おかげで、あんなに苦手だった誘導をこうして誉めていただけるようになったし、先月無事マインドフルネスのインストラクターの講座を修了したのですが、試験での誘導瞑想も誉めていただいたり喜んでいただけて、すごくうれしかったです。



苦手なことは、ほんとうに苦手なのか。

もしかすると、それはまるでダークホースのように思いがけず花ひらく何かかもしれない。


でも、誰かのこころない言葉、態度で「苦手(自分はこの行為が嫌い、あのときの嫌なことを思い出すから)」というラベルを貼って閉じてしまっただけなのだとしたら、

まじもったいないなくね???  

と思うんです。



そして後日、Yさんからいただいたメール。



******


えずみんさんのクラスで、私は自分にある人前で話せないトラウマ?のようなものを認識できました。

受けていなければ、それができない自分を永遠に責め続けていたことと思います。

いつかの自分がそのときの恐怖で握りしめた手の中にあったもの、無価値感という自分で自分にしたジャッジに囚われ続けなくて良いことに心から安堵と感謝を感じます。


******



Yさん、ありがとうございました!

これからも、どんどん自分をみて、感じていきましょう!



それではまた。

自分を知ること、みてあげること、

そしてここちよく過ごさせてあげることより大事なことって、ないかもしれないですね。



***呼吸のクラス4月の詳細はこちらです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/16323311?categoryIds=2035848

























先日、今月のスケジュールをお知らせしましたが、私用のため、急遽土曜日クラスのスケジュールを変更させていただきます。


◇呼吸のクラス4月(土曜日)スケジュール

4月10日(土)がお休み

4月17日、24日(土)はそのままで、今月も2回となります。


すでにお申し込みいただいた方にはメールいたしましたが、行き違いでお振込みなどされた方、確認後、10日の分はご返金いたしますので、

また別途ご連絡いたします。


というわけで、急ですみませんが、

どうぞ、よろしくお願いいたします!






☆☆☆呼吸のクラス4月、受け付けはじまっています。詳細はこちらから



先ほど、ひと仕事終えてふと和室のほうをみると、もう夕方。

障子と植物がいい感じだったので撮影。




リビングのほうはどうだろう? とこちらも撮影。




じゃあキッチンはどうなの? と左側を撮影。



右側も撮影。




今回の引っ越しでいくつか決めたことのひとつに「やっぱり家がいちばん落ち着くわ〜、と思わずつぶやいてしまうような家にする」というものがあり、せっせと部屋づくりをしていますが、

ものを選ぶことって、楽しいと同時に自分が問われるなあと感じています。


これまで服とか身につけるものや文房具、食器以外は結構適当に選んでいたことに気づいて愕然となったし、引っ越しでいかにものを処分することがたいへんかをまざまざと見せつけられたので、

今回はだいぶ慎重にやっています。


おかげで、まだラグやカーテンが全部決まっていません。

でも、これで部屋の印象がものすごく変わるので安易に持ち込まないように気をつけています。


そう、またものをつくっていこう、というのも決めたことの中にあって、前の家でつかっていたダイニングテーブルの塗装のし直しを自分でやることにしました。

塗装剥がしをする途中できっと、ああやらなければよかった…でももう引き返せない…とか言い出すんじゃないかといまから若干震えていますが、

むかしはのこぎり金づち普通につかって棚とか自分でつくったりしてたんですよね、

そういったDIY精神をずいぶん忘れていたので、泣きごとを言いながらもやり遂げるつもりです。


※このくだりについての後日談&解説を書きました!


と、日々おかげさまでなんだか充実しているみたいですっかりブログに目が向きませんが、クラスの振り返りなどちょっとずつやっていこう、ちゃんと書くこともしよう、というのも決めたことの中にはあるのです。


そんなわけで、先月のクラスの振り返りを少々。

先週のインナーチャイルドについてのことで、メールをいただいていたのでご紹介します。


Hさんからのご感想というかご報告で、以前個人セッションを受けていただいたあとの経過などについて、ちょうどクラスの前にいただいたものです。



******


次回インナーチャイルドを取り上げるということなので、遅くなりましたが以前のリーディングのその後をメールいたします。


エズミンさんに、インナーチャイルドを見たほうがいいとリーディングで教えてもらってから、インナーチャイルドについて、またその癒し方(その頃は癒さなければならないと思っていた)や、ワークをしているヒーラーを調べたりしました。

インナーチャイルドの本を(ティックナットハン和解)を読んだり、まあ、自分なりに取り組んでみました。


とはいえ、結局それ程真剣にワークみたいなことも、セッションを受けることも、しなかったのですが、その頃、道を歩いてぼぉっとしていると、小さい頃の気持ちを思い出し、涙が出てくるということが、よく起こりました。

歩きながら、一緒に泣いていました。それは自然発生的なものでした。


そんなことが何回かあり、そのうち、インナーチャイルドのこともあまり気にならなくなっていきました。

癒すとか、過去を浄化するとかじゃなく、その自分をなかったことにせず、認め、いてもいいんだよと伝えられたこと、そのことに意味があったのかなあと思います。


時空間を外すと、過去の自分や未来の自分に囚われることなく、今に生きれるので、インナーチャイルドワークとかも必要ないといえば、ない?のかもですね。

ただ、エズミンさんにリーディングしていただき、その後自分なりに、取り組み、結果少し癒しが起こったので、お礼を込めてご報告したくなりました。


次回もよろしくお願いいたします。

期待はしてないけれど、なにがでてるくるかは、お楽しみ、みたいな気持ちです。



******



セッションを受けてくださったときから、自分の視点やメンタリティ、価値観や興味などもかなり変化していることもあって、もしいまリーディングさせていただいたらどんなふうに言葉に変換されるんだろうなあと思ったりもしますが、

そういえば去年、Hさんからわたしがすごく変わったというメールをいただいたこと、いま思い出しました。

わたしだけでなく、Hさんも変化されてますよと思いつつ^^



さてインナーチャイルド、というか、時間、空間を概念としてみると過去というものに対する捉え方も変わってしまうので、

同じく過去生やカルマ、その他諸々についてまったくちがう視点でみるようになってしまって、正直なところ、これからどうお伝えしていったらいいだろうかという思いがあります。


そんななかで、先月インナーチャイルドについてやってみようと思ったのは、第5チャクラの「表現」というテーマに大きく関わっているからでした。


Hさんがおっしゃるように、いまに在ると、ワークやヒーリングといったものも結局のところ “ストーリー” であって、いま以外、それらがはずれてしまえば必要ない、というとニュアンスがちょっと違ったりはするのですが、

どちらにしてもそうした観念自体が起こってこなくなると思うし、起こってきたとしてもストーリーとしてみる、気づけば逆にはずれてしまうと思うんです。


ただこれを「時空間をはずせば必要ないから」と頭、エゴ、マインドで捉えるならば、つまり「時空間をはずせば必要ない」という “ストーリー” に入るのならば、それは単に思考が置き換わるだけで、インナーチャイルドもカルマも何も変わってはいないんですね。


クラスではよく例に出しますが、引き寄せがうまくいかないのと同じ。

△△だから◯◯、とか、

〜すれば××になれる、××できる

といった法則のような話ではないんです、そもそもそれらはすべてにあてはまるわけではまったくないのだし。



>癒すとか、過去を浄化するとかじゃなく、その自分をなかったことにせず、認め、

>いてもいいんだよと伝えられたこと、そのことに意味があったのかなあと思います。


まさに!

受け容れること、共感してあげること。

ほんとに、これだけでいいんですよね、そこに “癒し” が起こる。



Hさん、ありがとうございました!

クラスでのワークの気づきも、また深まったんじゃないかなと感じています。



というわけで、

これまでの振り返り、またちょっとずつ書いていきます。

素敵な季節を味わいつつ。



***呼吸のクラスの詳細はこちらです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/16323311?categoryIds=2035848













こんにちは。今月の呼吸のクラスのスケジュール&詳細、決まりました。

※土曜日クラスの日程が変更になりましたので、ご確認ください。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/16323311?categoryIds=2035848


いつも急ですみません! 土曜日クラスはもう来週からスタートです^^(スケジュール変更になりました!)

今月もアートセラピーの手法などをつかいつつ、引き続きご自身をみていただくほか、

呼吸と周波数の関係、体感などもしていただけるようなワークを考えていますので、

よければご参加くださいませ!


それから、今月、マインドフルネスの単発のクラスをやろうと思っています。

夜にしようか、それとも朝、あるいは昼間、、と時間帯などもうちょっと調整してからお知らせします。

たぶん、今月後半、もしくは最終週あたりかなと思っています。


これまで呼吸のクラスを受けていただいた方、実践というか、なんでこんなこと、あんなことをやったのか、の理論的な背景、“頭”での理解ができるんじゃないかなと思いますので、

こちらもよければご参加ください。

こっちはとりあえずシェアリングなどはせず、講座っぽい感じになる予定です。



というわけで、どうぞよろしくお願いいたします!

いっしょに呼吸できるのを楽しみに☆













※土曜日クラスの日程が変更となりました。ご確認ください(平日クラスはそのままです)。



【定期】呼吸のクラス・オンライン


呼吸をつかったワークや瞑想を通じて、ご自身を知るためのクラスです。

毎週1回、約120分の平日と土曜日クラスがあり、はじめての方でもご参加できるような内容で組んでいく予定です。

連続通し、および各回ドロップイン(単発)、また曜日に関係なく自由なご希望日の組み合わせでもご参加いただけます。


※全回連続通しでのお申し込みは録画参加、土曜日クラスまたは平日クラスへの振り替えOKです(最低1回のリアルタイム参加をお願いいたします)

※単発でのご参加もOKです(録画のみの参加はできません)


※土曜日クラスの日程が変更になり、今月も2回、平日クラスは3回となり、内容が変わりますので、スケジュールのご確認をお願いいたします。



◆呼吸のクラス4月:テーマ『感情、イメージ、周波数』


今月は感情やイメージ、そして周波数をテーマに行ってみようと思います。

先月に引き続き、アートセラピーの手法をつかったり、呼吸と周波数の関係などを体感していただくようなワークを考えています。


◇平日クラス

・1週目:「怒り」  

 4月12日(月)10:30~2時間くらい


・2週目:「喜び」  

 4月19日(月)10:30~2時間くらい


・3週目:「陰と陽、ネガティブとポジティブ、相反するエネルギー」 

 4月26日(月)10:30~2時間くらい



◇土曜日クラス

・1週目:「呼吸と感情」  

 4月17日(土)15:00~2時間くらい


・2週目:「陰と陽、ネガティブとポジティブ、相反するエネルギー」

 4月24日(土)15:00~2時間くらい



*****


☆準備、用意するもの・・・・・

・zoom(ビデオ通話)を使って、オンラインで行います。

・椅子に座った姿勢または胡座、仰向けで行います。

・椅子はひじ掛けのないもの、両足が床につく高さのもの。ベッドに座っても構いません。

・ときどき立ってからだを動かしますので、周りに少しスペースを空けておいてください。

・動きやすいゆったりとした服装、筆記用具、お水、タオルなど。

※そのほかクレヨン、画用紙などを使います。お申し込みの詳細メールでお知らせいたします。



☆お申し込みについて・・・・・

このクラスは3回通してのご参加と(それぞれ土曜クラスと平日クラスがあります)

ドロップイン(単発)、または曜日の組み合わせ自由でのご参加方法があります。


◆3回通し(7,500円) 

◯平日クラス(10:30〜2時間弱):4月12日(月)、19日(月)、26日(月)


◆2回通し(5,000円) 

◯土曜日クラス(15:00~2時間弱):4月17日(土)、24日(土)

※今月の土曜日クラスは2回となりました。


※録画参加OKですが、1回リアルタイムでのご参加をお願いいたします。

※途中退出OKです。



◆ドロップイン(各回3,000円)   

※各回、前日までお受付しています。

※録画のみの参加はできません。ご参加の方は後日録画をご覧になれます。



◆ご希望日の組み合わせ自由(2回/5,000円)

※2回以上は+1回2,500円になります。


※いずれも、PayPalでのお支払いは手数料がかかります。



◇お申し込みはこちら

※今年から、お申し込み内容のご確認を、自動返信メールで行うことにしました。

お申し込み直後に自動返信メールが届かない方はメールアドレスが間違っている可能性、迷惑メールフォルダおよび受信設定を念のためご確認の上、下記のお問い合わせからご連絡ください。


◯お問い合わせはこちら






引っ越しが済んでから毎日いろんな手続きと部屋づくり、夜は動画を見たりゆっくりお風呂に浸かって本を読んで寝るというルーティンがなんとなくできてしまって、気づけば3月も終わり。

きのう今月の呼吸のクラスが終わって、来月のスケジュールを立てなければ、ブログも書いたりしようかな、とのこのこ出てきました。


引っ越した家は、いままで住んだどの家より快適かも、、という感じ。

妥協した点はいくつかあったものの、この広さと条件にしては家賃もそんなに高くないし、とりあえず満足しています。


特に今回譲れなかったのは、上の階に誰も住んでいないこと、隣となるべく距離があること、あまり新しい物件ではないこと、住戸数が少ないこと、そして広いベランダがあること。


いま、ベランダにテーブルを出してこれを書いているのですが、とりあえずベランダは3面あるので、これから少しずつ、いろいろやるつもりです。めっちゃ楽しみ。。





まだ以前の家に住んでいるときに、呼吸のクラスで歩く瞑想というのをやったんですけど、自分もみんなと一緒にやっている途中で、はじめてみるように自分の部屋を眺めてみて、

ああ自分、適当だなー、いろいろ適当に選んでるなーと気づいて結構衝撃を受けたんですよね(笑)。

で、引っ越したら、時間はかかってもいいからきちんと選んだもの、すべてそうできなくてもいいから、できるだけ納得したものを置こう、使おう、と思ったのでした。


そうやってまた自分のものをみてみると、これは母親の影響だな、とか、安さを基準に選んでるな、とか、その出所がみえてきて、

同時にすごく自分が気に入って買ったものとの差とか、ものというものの考え方とか自分の習性が浮き彫りになってショックを受けたり自分かわいいなと思ったり、

仕方なかったよねーと励ましや労りの気持ちが出てきたりと、また自分を知るきっかけになりました。


そうそう、きのうの平日クラスでは、ドラマ『24 JAPAN』を例にとって“いまここ” “コミットと信頼” “DoingとBeing” “時間の概念” などについて話してみたんですけど(というか自分が24 JAPANになってしまっていて興奮していただけなのですが笑)、

ほんとに、どんなことからでも気づくことができますよね。


それはあらゆるものがひとつで同じで、どんなものにも、というか、すべてが“そのあらわれ” だからだと思うんです。


最近よく神は細部に宿る、というワードを思い出しますが、細部に宿っているというよりも、すべてにあらわれている、という感覚がしっくりきます。


ほんとにすべてはシンプル。

何も難しく考えなくていいんですよね。


ただ、いま起こっていること、それだけ、そのまま、何もせずにただ立ち止まって、

そして自分が、世界が動いていく、勝手に、自然に、自由に動きせしめる、という感覚。

“わたし” は何もしようとせず、する必要もなく、むしろ手を出さずに。



そんな感じで、また!

来月のスケジュールなどは後日に。