呼吸通信1



こんにちは、呼吸のクラス土曜・平日の第1回が先週終わり、週末に土曜日クラスの第2回が終わりました。


今回は結構ちゃんと資料づくりをしていて、1回目が終わったあと、そのときの参加者のみなさんの様子を見ながら2回目の資料をつくっているので、正直ほかのことが後回しになって(個人セッションもやっているため)、新しいセッションのお知らせも(お問い合わせくださった方、もう少しお待ちください)、ブログも全然更新できず(これはいつもですね)。


ご感想、いろいろいただいていて(お返事できませんがちゃんと読んでます、ありがとうございます!)、

ほんとは振り返りとともに最後にまとめてアップしようかなと思っていたのですが、

ご参加の方への気づきにつながるかなと思い、ご紹介することにしました。


早速、Yさんからのご感想です。



呼吸法を教えていただけたことはもちろんですが、合間のお話もとても良かったです。

瞑想後の感想で「眠くて仕方がない」とシェアした時に「いつも緊張している。ゆっくり休んでください。」と仰って頂いて、緊張している自覚もなかった私にとっては、とても大きな気づきでした。


いつも周りを気にして気遣って生きてきて、最近、周りのことを手放せるようになってきたつもりでしたが、あの言葉に反応するという事は、まだやっているんだな。と思いました。それが良いとか悪いとまでは思いませんが、事実としてある。と受け止めています。


周りを気遣ってしまうのは自分では止められない癖のようになっているので、呼吸法という今までとは別のアプローチから、きちんと自分を労る。という事もしていきたいと思います。


最近の私のテーマが「自分を大切にする」「自己愛」でしたので、まさにぴったりのクラスでした。

まさかこのテーマと呼吸が繋がるとは考えておりませんでしたが・・・。

呼吸法と瞑想続けていきたいと思います。

ありがとうございました。


************


いやーほんとにそうなんですよね、呼吸をすることって、自分を大切にすること、愛すること、そして自分以外の誰か、何かを大切にすること、愛すること。

まさに、自分が呼吸を通してお伝えしたかったのはこのことです。

わたし自身の学びのためにも。


クラスの中で、いまの呼吸はどうでしたか、いまの感じはどうですか? というのを必ずお聞きしていますが、それはどれだけご自身に気づいているか。

喉のあたりに違和感がある、胸が少し詰まっている感じがする、うまく吸えないけど吐くのは楽、最初だめだったけどだんだんここちよくなってきた…

つまり、外の誰かや何かにではなく、ご自身に目を向けて、ご自身の声を聞き、ほかの誰でもないご自身の存在を感じてほしいからなんです。


正直なところ、第2回を終えて(平日クラスの方々は明日ですが)、みなさん、たった2回のクラスでこんなにいろいろ気づかれているのかーと驚いています。

それは、毎日続けてくださっていることももちろんだし、やっぱり、みんな、ほんとはわかってるんだよね、と。



呼吸は、本来のご自身を明らかにします。

外に出ていくべきものは出て行き、

必要なものはそこに残り、輝きをまします。

けれど、その輝きは、あらためて得るものではないんです。

呼吸が与えてくれるわけでもない。

ただ気づくんです。

それが、はじめから輝いていたことを。

呼吸はただ、それを明らかにするだけです。



と、メッセージがやってきたので置いておきます☆

Yさん、ありがとうございました!



ではでは、ご参加のみなさま、

また次回よろしくお願いいたします!