引き寄せと時間。



今日、友だちからおしゃれマスクと大葉の種が届き、先ほど大家さんの奥さんが、ガスの警報機を取り換えるための日程確認のついでに、足の様子を見に来てくださり、いろいろ話していると、突然ちょっと待ってて、と、後からお餅とびわ、味付け海苔やジンジャーエールなどを持って来てくださいました。




最近セッションを受けてくださった方の何人かにはお話ししたんですけど、実は先月くらいに急にお餅が食べたくなり、でもお正月じゃないしなあ、どっちにしても自分で買いに行けないし、と思っていたら、翌日大家さんの奥さんにいただいたわけなんですが、

昨夜、お餅と枝豆とチーズを一緒にフライパンで焼いて、ちょっとお醤油を垂らしたりしたら絶対に美味しいよな、、と考えていたところ、先ほど再度お餅をゲット、わたしの夢が叶うこととなりました(笑)。


そしてびわ、実はこれも今朝、納豆がそろそろなくなるのでネットスーパーで注文しようと思ったときに、ああ果物が食べたい、でもいまの時期、ネットスーパーでは防腐剤たっぷりのオレンジとか旬を過ぎて高くなってしまったりんごくらいしか買えず、いまの旬ってなんだっけ、ああびわだよね、びわ食べたいなーでも今年は無理かな、と思っていたところにやって来てくれたのでした。


その他、生体エネルギーを自分で測るデバイスで、最近ビタミンKが圧倒的に必要と出ていて、おそらく骨折に関連してるんだと思いますが、もう実際に肉体として摂取したほうがいいなと、これも今朝ネットで食品を調べると、納豆や海藻類が挙がっていて、納豆は朝の定番で毎日食べてるし、確かに前々回の注文以降、わかめも海苔も切れたままだったわ、と思っていたところに登場(味付けではありましたが笑)。


写真には写っていないジンジャーエールについては、これがまた面白いんですけど、ネットスーパーのトップ画面にジンジャーエールが出ていて、飲みたい気もするけどまあいいか、と思っていたところでした。



一時期、引き寄せの法則が流行りましたが、もともと、小さい頃から今回みたいな食べものなど物理的なものだけでなく、お金やパートナー、知りたいことなどの情報もひんぱんにやって来ていたので、一連の本を読んで、なるほど、といろいろ納得することはあったものの、わたしの場合は本の通りに実践しようとすると、逆にできなくなったんです。


その理由をいろいろ紐解いていくと、結局のところ、こうしたやり方をすればいいのだ、と、プロセスをエゴ/マインドが設定してしまうからだと思うんですね。


その根底にあるのはやはり、「何かを得るためには何かをしなくてはいけない」という思考、もっといえば「得る」とか 「達成」という “概念” を信じているからだと思うんです。


そんなの当たり前なのでは? と思うかもですが、本当に起こってることはそうではなくて、そもそも、引き寄せ、という言葉というか概念自体が違う気がするんですね。

これはわたしの感覚ですけれども、どこかに存在するものを自分に引き寄せて手に入れるのではなくて、それは発生するんですよね、プロセスは後付けなんです。得ようとする必要が最初からない。


なぜプロセスは後付けかといえば、そこには時間が関連しているからで、つまり時間の概念を外してしまうとプロセス自体は無効にならざるを得ない、逆にいえば、時間の概念の採用によってプロセスが発生するわけなんです。



あんまり書くとエゴ/マインドがまたかっさらっていくのでやめておきますが、あえて“コツ” を書くとすると、自分とその対象との関係がニュートラルであることですかね。


でも、この時間の概念を外すと、ほんとにすべてが変わります、変わらざるを得ない。

まず過去、現在、未来、という一連のストーリーも消えてしまいます。
〇〇だから△△、が完全に成り立たないことがわかります。

何もせずに自由☆


ちなみに、おしゃれマスクと大葉の種は、先日オンラインお茶会のときに友人が余ってるから送る、と言ってくれて、わたしの中の何がそれを発生させたのかは不明ですが(笑)、

そうしたことを気にするのは典型的なエゴの働き(つまり理由、プロセスがはっきりしないと認めないという思考)で、この世界、この宇宙の無限のあらわれを限定すること、もっといえばすべて知っていなければならない、まさに辻褄、プロセス=時間を採用することで、本当に起こっていることとは対局の思考なんですよね。


で、さらにいうと、探せばその理由も発生するわけです。



しかしわたしたち人間は、ほんとにプロセスが好き、正誤が好き、善悪が好きだよなあと思います。

もちろん、好きなわけじゃなく、そういうものだと振り返る発想もなく生きてるだけなのですが。


というわけで、お餅食べます☆