変容のエッセンス。



ようやく確定申告が終わり、文字通り肩の荷が下りた感じ。

うちは税務署まで自転車で3分くらいなのに会場が国税局になってしまい、自転車で50分くらいの築地まで行ってやってきたのですが、さすが国税局、番号札で呼び出し方式のため、時間まで椅子に座ってぼっさり、これなら本を持ってくればよかったなと思いつつたぶん初日だからだと思うのですが、わりとすぐに順番が来てイン、いよいよ決戦の火蓋が切り落とされた、みたいな気分でそこそこ高揚しながら数字を打ち込んできました。


最後に認識番号の問題で、もしかして最初から入力し直し!?!? と、戦慄が走る局面もありましたが、係の方がなんとかしてくださって無事終了、ハイタッチとかしたいくらいの達成感だったのですが、みんな淡々と帰って行っていて、ちょっと寂しかったです。


出口にバーカウンターとか設置して乾杯やハグなどして、それぞれのがんばりを称え合う場があったら、あなたもわたしもよくやった! 来年もがんばろう!  みたいな気分になるんじゃないか、よくわからないことに税金つかわれるくらいなら、そうしたことにつかってほしいな、そんなことを思いながら再び自転車を走らせ、記念にずっと欲しかったスニーカーを買って帰りました(しかもセールになってた!)。

自分へのご褒美、大事です☆


で、先週から「グラガ」というフラワーエッセンスをとっています。

これは人生を変える、みたいなふれこみや逸話があって、ご存知の方もいるでしょうし、ググればいろいろ出てくるので多くは書きませんが、変化というより “変容” がテーマのエッセンスです。


10年以上前に一度とったことがあって、そのときは買いに行った帰りにいきなりひとにばったり会う、みたいなことや、そこそこ大きな好転反応があった覚えがあります。


なぜ今回ひさしぶりにグラガをとろうと思ったかといえば、これまで自分がとったエッセンスで印象的だったものはラベルを貼ったまま残しておいて、マッサージ用にアロマオイルを入れたりしてリサイクルしてるんですけど、つかっていたオイルが切れたので、新しくつくり直そうと選んだ瓶がグラガでした。


瓶を取っておいたことさえ忘れていたので、グラガかーと思いながらつかいはじめたのですが、先週、たまたまエッセンスのセラピストのMさんとごはんを食べているときに、ふとそのことを話しながら、あ、これ、いまグラガ自体をとったほうがいいのかも、と思い、翌日お店に行って念のため必要かどうかチェックしてもらうとやはり必要と出たため、とることにしたのでした。


で、ちょうど1週間になるのですが、先週はもう眠くて眠くて、なんで確定申告前のこの時期にとってしまったのだろう…とちょっと後悔したものの、眠りにつくと夢もしくは気づきやメッセージ、ひどいときは誰かのセッションをしてしまったりでまともに眠れず、、、ようやく落ち着いてきたものの、睡眠はまだあまりうまくいっていないです(グラガのせいだけではなくほかの事情もありますが)。


エッセンスって、即効で変化を感じられるものもたくさんありますけど、ボトルが終わってからくるものや、スローランディングとでも言いましょうか、振り返ればいままでとちがう、と気づく場合、あるいは自分ではわからないけどほかのひとから変わったと言われるなどさまざまなんですよね、そう、とってみないと何が起こるかわからない。



もう15年くらい前になりますが、わたしは1日も切らすことができないくらいエッセンスに支えられていた時期があったのですが、いまではセッション前の場を整えるときや浄化用と、なんか落ち着かない、とか、事務的な作業ができない等ピンポイントで選ぶだけで、依存性がないこともとても素晴らしいと思います。


もう必要ないよね、って確認し合うわけでもないんですけど、自然に引き合い自然に離れるというか、ほんと、毎日あれだけガン飲みしてたのに、そのエッセンスとの関係性が終わると自分薄情か、っていうくらいすっかり忘れているのがすごいんですよねー。


今回のわたしとグラガは、まだどうなるのかわかりませんが、とりあえず、あ、この考え全然いらない、とか、思い込みや考え方のパターンへの気づきの速さや、思考の整理がしやすくなってる感じがしています。



これは余談になりますけど、セッションのご相談で、ときどき何かすごいことをしたい/しなくてはならない、大きく自分を変えてくれるような何かがあるのではないか、そうしたメッセージや役割はないかと聞かれることがあります。


たとえばグラガに代表される大きな変容をうたったものを求めるのはそうした思いからが大半なのかなと思いますが、なぜそれを求めるのか、その下に横たわる理由に気づくことこそが近道というか、そこにつながっているんじゃないかと思うんですよね。


外にある何かが自分を変えてくれるわけじゃなくて、それこそ、自分の中にある何かとまた別の何かが引き合って何かが起こる、あるいは何かが起こるその背景に自分や何かがつながっている、たまごが先かニワトリが先か、、これは時間の介在の話になりややこしくなるので置いておいて、

とにかく特定の何かや誰か、外の何かが変化を起こしてくれるわけではなくて、全体でやってる(まあやってるわけでもなく、外に何かがあるわけでもないですが)。


というか、そもそも “変容” ってなんなんでしょうかね。。


と、問いかけつつ、また!

(一応タイトルはダブル・ミーニングになっています^^)