いつかの自分と誰かの光。



***呼吸のクラス5月のスケジュール出ています!



連日の強風がようやくおさまったので、ベランダにテーブルを出して夜を楽しんでいます。

GWのせいか静かだし最高。



ただ、周囲のマンションの通路の灯りが結構多くてちょっと残念。

もっと都心を離れないとだめですかね、でもなんだかんだ言って東京、好きです。



きのう、雨が上がった隙に植物の苗を買いにホームセンターへ行ったのですが、到着直前でまた豪雨、慌てて走って園芸コーナーのテントに滑り込むと、10人くらいのひとたちが雨宿りをしていました。


その間、みんな植木鉢や種を見たりして、小降りになった途端、一斉にお目当ての植物コーナーへと散っていって(自分もですが)、みんな植物好きなんだなあ最高だなあ、まだ雨止んでないのにやっぱり早く見たいよねわかるーと、

同志感を勝手に感じてうれしくなったり。


そして帰り道、手に入れた植物をどの鉢に入れようかしらと考えながら歩いていると、向こうからとてもきれいで可愛らしい女子が歩いてきて、デートかな、それとも友だちと待ち合わせかなとか想像しながらすれ違った瞬間、

自分が感じているのはその女子の外見の美しさではなく、彼女の中に灯る光なのだ、と思うのと同時によろこびのようなものがじわじわと湧き起こり、

自分の中にもたしかにあるそれと、彼女の光とが、共鳴した気がしたのでした。




同じくきのう、出会ったあるひとが、おそらく遠い過去での自分も出会っていたひとだなとわかって、たくさん話したわけでもないのに理解できる感覚があって、

なんというか、いつかの自分の思いをこうして回収しているんだなあと思いました。


「いま」にいると、普段あたりまえのように “体験している” と思っている時間というものはないと気づき、この肉体の自分の過去も、別の肉体で生きた過去もすべてストーリーに過ぎないとわかっていても、

こうしてはっきりとした像を結ばないまでも記憶の感触をたしかに感じられるひとに会うと、

そのストーリー自体がとても愛しいものだと感じるんだなあ、と思いました。



と、夜のせいか、ちょっと感傷入りつつ、つらつら書いてみました。

これからお風呂にゆったり浸かりながら、記憶をたどりひたろうと思います^^



それでは、おやすみなさい。

素敵な夢を☆



*****

呼吸のクラス5月のスケジュールはこちらです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/17389718?categoryIds=2035848