虹と心臓、別であってひとつ、ひとつだけどそれぞれ。




明日で今月の呼吸のクラスも最終日。

早いなーと思いつつ、先日ちょっと書いた、面白かったことをシェアさせていただきます。



今月は毎回アートセラピーの手法と呼吸をつかったあれこれをやっているのですが、先週の平日クラスでのこと。

「よろこび」という感情のいろいろについてフォーカスし、シンプルな曼陀羅をつくるというワークをして、参加者のある方が、虹のイメージが出てきたことをシェアしてくださいました。

そして後日、また別の方が、そのときに描いた絵の画像を送ってくださったのですが、その中に虹を彷彿する絵が描かれていたんですね。


このワークは色と点、線、面をつかってイメージを描くというやり方で、いわゆる絵を描くわけではないんです。ご自身の感じたこと、思い出したことをそのまま描く、紙の上に出してみる、みたいな感覚。


さらに、その方のほかの感情のイメージとして、心臓を彷彿する絵が描かれていました。

その日のクラスでは、最後に絵のエネルギーを呼吸していくということをしたのですが、実は呼吸をリードしていると、途中でわたしの中に心臓のイメージが起こってきたんです。

で、そのイメージの通りに、ハートや心臓にフォーカスしていただくよう誘導したのでした。



このクラスでは、よくこうしたシンクロが起こるんですけれども、やはりそれぞれのイメージの共通性、共時性がたしかにあるのだなあと、

それも今回はある特定の感情というものについてのフォーカスだったので、

やっぱり面白いなと思いました。


シェアリングをしていなければこのことを知ることはできなかったし、ほかの方とのつながりや、また別の見方、捉え方、感じ方、つまり、こうあらねばならいといった決まりなどないこと、こんな風にやってもいいんだな等々、

シェアすることで、新しい視点を知ることができるんですよね。



また各地で緊急事態宣言も出たりして、限られたひと以外とのコミュニケーションがしづらい状況が続いていますが、

こうした共感と同時に自分の個性というもの、それぞれ別であってひとつ、ひとつだけどそれぞれ、といった感覚を感じる機会、大切だなと感じます。



そんなわけで、また。

マインドフルネスの講座、内容のまとめ方に悩み中で(お伝えしたいこと多々あり、、)結局今月開催難しく、来月以降になりますが(GW中に何かやれたらやります!)、

呼吸のクラス含め、決まり次第またお知らせいたしますので、

どうぞよろしくお願いいたします!