3月のクラスの振り返り、ワークと時空間、インナーチャイルド



☆☆☆呼吸のクラス4月、受け付けはじまっています。詳細はこちらから



先ほど、ひと仕事終えてふと和室のほうをみると、もう夕方。

障子と植物がいい感じだったので撮影。




リビングのほうはどうだろう? とこちらも撮影。




じゃあキッチンはどうなの? と左側を撮影。



右側も撮影。




今回の引っ越しでいくつか決めたことのひとつに「やっぱり家がいちばん落ち着くわ〜、と思わずつぶやいてしまうような家にする」というものがあり、せっせと部屋づくりをしていますが、

ものを選ぶことって、楽しいと同時に自分が問われるなあと感じています。


これまで服とか身につけるものや文房具、食器以外は結構適当に選んでいたことに気づいて愕然となったし、引っ越しでいかにものを処分することがたいへんかをまざまざと見せつけられたので、

今回はだいぶ慎重にやっています。


おかげで、まだラグやカーテンが全部決まっていません。

でも、これで部屋の印象がものすごく変わるので安易に持ち込まないように気をつけています。


そう、またものをつくっていこう、というのも決めたことの中にあって、前の家でつかっていたダイニングテーブルの塗装のし直しを自分でやることにしました。

塗装剥がしをする途中できっと、ああやらなければよかった…でももう引き返せない…とか言い出すんじゃないかといまから若干震えていますが、

むかしはのこぎり金づち普通につかって棚とか自分でつくったりしてたんですよね、

そういったDIY精神をずいぶん忘れていたので、泣きごとを言いながらもやり遂げるつもりです。


※このくだりについての後日談&解説を書きました!


と、日々おかげさまでなんだか充実しているみたいですっかりブログに目が向きませんが、クラスの振り返りなどちょっとずつやっていこう、ちゃんと書くこともしよう、というのも決めたことの中にはあるのです。


そんなわけで、先月のクラスの振り返りを少々。

先週のインナーチャイルドについてのことで、メールをいただいていたのでご紹介します。


Hさんからのご感想というかご報告で、以前個人セッションを受けていただいたあとの経過などについて、ちょうどクラスの前にいただいたものです。



******


次回インナーチャイルドを取り上げるということなので、遅くなりましたが以前のリーディングのその後をメールいたします。


エズミンさんに、インナーチャイルドを見たほうがいいとリーディングで教えてもらってから、インナーチャイルドについて、またその癒し方(その頃は癒さなければならないと思っていた)や、ワークをしているヒーラーを調べたりしました。

インナーチャイルドの本を(ティックナットハン和解)を読んだり、まあ、自分なりに取り組んでみました。


とはいえ、結局それ程真剣にワークみたいなことも、セッションを受けることも、しなかったのですが、その頃、道を歩いてぼぉっとしていると、小さい頃の気持ちを思い出し、涙が出てくるということが、よく起こりました。

歩きながら、一緒に泣いていました。それは自然発生的なものでした。


そんなことが何回かあり、そのうち、インナーチャイルドのこともあまり気にならなくなっていきました。

癒すとか、過去を浄化するとかじゃなく、その自分をなかったことにせず、認め、いてもいいんだよと伝えられたこと、そのことに意味があったのかなあと思います。


時空間を外すと、過去の自分や未来の自分に囚われることなく、今に生きれるので、インナーチャイルドワークとかも必要ないといえば、ない?のかもですね。

ただ、エズミンさんにリーディングしていただき、その後自分なりに、取り組み、結果少し癒しが起こったので、お礼を込めてご報告したくなりました。


次回もよろしくお願いいたします。

期待はしてないけれど、なにがでてるくるかは、お楽しみ、みたいな気持ちです。



******



セッションを受けてくださったときから、自分の視点やメンタリティ、価値観や興味などもかなり変化していることもあって、もしいまリーディングさせていただいたらどんなふうに言葉に変換されるんだろうなあと思ったりもしますが、

そういえば去年、Hさんからわたしがすごく変わったというメールをいただいたこと、いま思い出しました。

わたしだけでなく、Hさんも変化されてますよと思いつつ^^



さてインナーチャイルド、というか、時間、空間を概念としてみると過去というものに対する捉え方も変わってしまうので、

同じく過去生やカルマ、その他諸々についてまったくちがう視点でみるようになってしまって、正直なところ、これからどうお伝えしていったらいいだろうかという思いがあります。


そんななかで、先月インナーチャイルドについてやってみようと思ったのは、第5チャクラの「表現」というテーマに大きく関わっているからでした。


Hさんがおっしゃるように、いまに在ると、ワークやヒーリングといったものも結局のところ “ストーリー” であって、いま以外、それらがはずれてしまえば必要ない、というとニュアンスがちょっと違ったりはするのですが、

どちらにしてもそうした観念自体が起こってこなくなると思うし、起こってきたとしてもストーリーとしてみる、気づけば逆にはずれてしまうと思うんです。


ただこれを「時空間をはずせば必要ないから」と頭、エゴ、マインドで捉えるならば、つまり「時空間をはずせば必要ない」という “ストーリー” に入るのならば、それは単に思考が置き換わるだけで、インナーチャイルドもカルマも何も変わってはいないんですね。


クラスではよく例に出しますが、引き寄せがうまくいかないのと同じ。

△△だから◯◯、とか、

〜すれば××になれる、××できる

といった法則のような話ではないんです、そもそもそれらはすべてにあてはまるわけではまったくないのだし。



>癒すとか、過去を浄化するとかじゃなく、その自分をなかったことにせず、認め、

>いてもいいんだよと伝えられたこと、そのことに意味があったのかなあと思います。


まさに!

受け容れること、共感してあげること。

ほんとに、これだけでいいんですよね、そこに “癒し” が起こる。



Hさん、ありがとうございました!

クラスでのワークの気づきも、また深まったんじゃないかなと感じています。



というわけで、

これまでの振り返り、またちょっとずつ書いていきます。

素敵な季節を味わいつつ。



***呼吸のクラスの詳細はこちらです。

https://nowherenow.amebaownd.com/posts/16323311?categoryIds=2035848