BREATH WORK



わたしがはじめて呼吸法にふれたのは、

はたちのころ、ある山伏の方から瞑想を教わったのがきっかけでした。


そのときは、瞑想での体験のほうに興味をひかれて、呼吸についてはよくわかりませんでしたが、

いまから15年くらい前にパニック障害を経験し、呼吸法をつかって自力で克服してから、

気功、ヨガ、瞑想、マインドフルネスなどを通して呼吸法を学び、

そのたびに呼吸の奥深さや重要性を実感しました。


その後、トラウマやカルマの解放のためのブレスワークのセッションを体験、

それまでとはまた違った呼吸のつかい方と効果に驚き、セッションとしての呼吸法を学びました。


これまで、長年の体調不良からいろいろなセッションやヒーリングを受けたり学んだりましたが、

わたしにとって、いちばん簡単で、いちばん身近で、興味が薄れることなく、

いまでも続いているのは、呼吸法でした。



ただ息を吸って、ただ吐く。


くらべることも競う必要もなく、優れているかどうか、

正しい、間違っているといった価値判断もなく、

生きている間、みんな呼吸をしています。


こころとからだの健康からひととひと、自然、宇宙とのつながり、大きな変容に至るまで、

誰もが、いつでもどこでもしているあたりまえの呼吸。

そのちからを、少しでも伝えられたらと思います。




2020年8月より、不定期でクラスを行います。


詳しくはこちらをご覧ください。